新着情報

2020.10.03コラム

アフターコロナ 賃貸住宅に求められる新しいライフスタイル

新型コロナウィルスの影響もあり…外出自粛・在宅勤務が増えました。
そして、一気にテレワークが広まり、住宅とワークスペースの共存がより求められてくるようになりました。
アフターコロナ、ウィズコロナの最中、今後、確実に必要となる「賃貸住宅に求められる新しいライフスタイル」をご紹介いたします。

①宅配BOX
ネット通販が当たり前になり、需要が急速に高まっております。荷物受取時、接触をしなくてすみます。

②無料Wi-Fi
在宅時間が多くなるとWi-Fiはかなり重宝されます。ぜひ速度の確認も。

③書斎・PC小部屋
面積は小さくてもいいので、あると便利です。建築会社・リフォーム会社の対応力が求められるでしょう。

④パントリー(収納庫)
食糧保管庫など、収納可能スペースのニーズが高まると思います。コロナのみならず、災害時対策として、食糧等を保管しておく…というのが当たり前な考え方になってくると思われます。



次に、賃貸住宅に対する、新たなニーズ(需要)を…ご紹介いたします。

☆新しいニーズ☆

①勤務地が遠くてもOK。テレワークで新しい働き方が実現可能に。郊外へのニーズが高まる(都市部よりも感染リスクが小さい)。自然の多い田舎もあり。

②買物に便利な場所が、以前にも増してニーズが高まる。

③ワークスぺースが求められる。「個室タイプ」「独立部屋」のニーズが高まる。

④個性ある間取りへのニーズが高まる。外出機会が減るので、自宅で工夫して楽しめるアイデア間取りが求められる。料理が楽しめるよう広々キッチン。プチ屋外気分を
楽しむ広々バルコニー。BBQやプチアウトドアが楽しめるお庭付き。

⑤電源コンセントの充実。室内のあちこちでPCが使える環境を。

これからも!「生活」と「仕事」を融合した新しいニーズがどんどん生まれてくると思います。


今回は「アフターコロナ 賃貸住宅に求められる新しいライフスタイル」をご紹介いたしました。今後、弊社ライフコーポレーションでは、新しいニーズをどんどん探りながら、ワクワクした賃貸住宅の価値向上を築いてまいります。

株式会社ライフコーポレーションでは、業務のデジタル化を進めながら、コロナ禍の最中でも工夫した業務形態を進め、賃貸マンションの入居率向上に努めてまいります。また、知識の向上、技術の向上、人間力向上など、人材育成も欠かさず進め、社会・地域・お客様にお役立てできるよう邁進して参ります。これからもどうぞよろしくお願いいたします。